最近の事例

中国人医療観光

北京大和旅行社と日本の南越谷健身会クリニックで契約し中国人の富裕層の方たちを日本の先進医療で検診する契約を締結しました。

特徴としましては、先進医療検診の後、帰国した後でも現地の病院で日本の病院のカルテを見て連携(中日友好病院)した医療が受けられるということです。(今まで、実行されてきた医療観光は中国へかえってからの処置がなかった。)

1.目的
中国人富裕層の日本への一般観光・医療検診客の日本誘致により誘致先の観光地、商店街、病院などの活性化を図り、経済的効果を促進するとともに、日中友好に寄与する。
2.中国政府の許可取得
日本側窓口指定会社として浪速貿易会社は中国衛生部、大和旅行総社の認可をうけるとともに協力をする。
(平成22年9月28日許可取得)
実際の観光・医療の実施
①中国人の日本観光・医療のプランを中国大和旅行社に提示する
②中国人旅行者を募集し、日本観光・医療を実施する。
③日本での観光診断の結果については中国での指定病院(日中友好病院ほか)に送付し希望者は診察、治療を行う。
また中国指定病院の推薦により日本国内(南越谷健身会クリニックほか)での病院での治療が可能。

中国富裕層の日光観光

現在、日光での観光旅行客が激減、中国の富裕層を呼び込みたい。
中国大和旅行社と日本の(株)東武トラベルとで提携、中国富裕層の日光観光を推進中。
(10月締結見込み)